モロッコの農業機械化からアフリカ小規模農家の機械化への応用(1)

モロッコの農業機械化からアフリカ小規模農家の機械化への応用(1)

レコードナンバー712153論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015065NACSIS書誌IDAN00200470
論文副題小規模農家における農業生産の重要性
著者名辻本 壽之
櫻井 文海
米山 正博
書誌名農業機械學會誌
別誌名Journal of the Japanese Society of Agricultural Machinery
農業機械学会誌
Journal of the Society of Agricultural Machinery
Journal of the Society of Agricultural Machinery, Japan
発行元農業機械學會
巻号,ページ67巻・ 1号, p.124-130(2005-01)ISSN02852543
全文表示
抄録アフリカ諸国の穀物自給生産は、主にその国の小規模農家が生産を担っていると言っても過言ではない。自給を支えている小規模農家は重要な存在であり、重視する必要がある。小規模農家に対する適切な農業技術が導入されることにより、農業生産が向上し、農家経営が安定し高収入が得られることが不可欠である。伝統的な農業形態を維持しながら、アフリカ独自の開発技術と手法を取り入れながら小規模農家への適正な農業機械化システムの改革が求められている。本論は、モロッコ王国の天水農業地域小規模農家の調査をもとに、その実態を明らかにし、現在まで見放されていた小規模農家に対する人力、畜力等を含めた適切な農業機械化システムヘの応用技術を提案する。
索引語農家;農業;機械化;生産;アフリカ;自給;モロッコ;穀物;農業技術;経営
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat