音響による農産物・食品体積計測法の耐騒音性向上に関する検討

音響による農産物・食品体積計測法の耐騒音性向上に関する検討

レコードナンバー712173論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015065NACSIS書誌IDAN00200470
著者名西津 貴久
鳥潟 康雄
吉岡 宣明
ほか1名
書誌名農業機械學會誌
別誌名Journal of the Japanese Society of Agricultural Machinery
農業機械学会誌
Journal of the Society of Agricultural Machinery
Journal of the Society of Agricultural Machinery, Japan
発行元農業機械學會
巻号,ページ67巻・ 3号, p.49-57(2005-05)ISSN02852543
全文表示
抄録これまで報告してきたヘルムホルツ共鳴現象を利用した農産物・食品の非接触体積計測法では、共鳴器へ入力するスウィープ音に対する応答をマイクロフォンで検出していた。農産物の選果施設や食品工場への導入を考えた場合、施設内機械の操作音が雑音としてマイクロフォンの検出信号に重畳するために、体積の繰り返し測定精度が低下するおそれがあった。そこで音声信号入力用スピーカのボイスコイルの電気インピーダンス変動からヘルムホルツ共鳴周波数を同定する計測システムを試作し、マイクロフォンを用いた従来法よりも耐騒音性に優れることを確認した。
索引語農産物;食品;体積;騒音;施設;検出;音響;選果;工場;導入
引用文献数11
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat