陸上水槽におけるマコガレイ仔稚魚の摂餌活動の日周変化と成長にともなう日間摂餌量の変化

陸上水槽におけるマコガレイ仔稚魚の摂餌活動の日周変化と成長にともなう日間摂餌量の変化

レコードナンバー712808論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名山本 章造
杉野 博之
中力 健治
ほか2名
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ53巻・ 2号, p.157-165(2005-06)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (524KB) 
抄録陸上水槽で飼育したマコガレイ仔稚魚の消化管内餌生物数の日周変化を成長段階別に調査し、Elliott and Persson(1978)のモデルを用いて消化管内餌生物の瞬間排出率との関係から日間摂餌量を推定した。平均全長7.5mmまでの遊泳期仔魚は日中の明期にのみ摂餌活動を行い、消化管内餌生物数は夜明けから徐々に増加して日没薄明時に最大となった後、夜間の暗期に減少する単峰型の日周変化を示した。着底間もない平均全長7.9mmの仔魚は遊泳期仔魚と同様に日没前後にピークになる単峰型の摂餌の日周変化を示したが、夜間の暗期にも消化管内に餌生物がしばらくの間認められた。さらに、平均全長17.4mmの着底稚魚は日没後に最大となる摂餌の日周変化を示したが、消化管内の餌生物は昼夜にわたり連続的に認められた。遊泳期仔魚は日中の明期にのみ摂餌活動を行ったが、着底以後の仔稚魚は夜間の暗期にも摂餌活動を行った。また、日中着底していた仔稚魚は夜間の暗期に浮上し、浮遊あるいは遊泳する行動の日周変化が観察された。水温15℃前後における仔稚魚の日間摂餌量は成長にともない指数関数的に増加し、日間摂餌量(dry、mg)=0.006×TL(1.966)(mm)の関係式が導かれた。一方、日間摂餌率は24.8~106.0%の範囲で変化し、成長にともない低下した。冬季成育型であるマコガレイ仔稚魚の日間摂餌率は春季成育型の仔稚魚と大差がなかった。しかし、天然海域においては日照時間が短く低水温で餌となるプランクトンが少ないことから、マコガレイ仔稚魚の日間摂餌率は実験値よりはるかに低いと推察された。
索引語摂餌;日周;餌生物;遊泳;夜間;水槽;水温;モデル;浮遊;行動
引用文献数42
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat