オドンチオダの生育・開花と個葉の光合成速度に及ぼす温度と光強度の影響

オドンチオダの生育・開花と個葉の光合成速度に及ぼす温度と光強度の影響

レコードナンバー720061論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015006NACSIS書誌IDAN00025257
著者名窪田 聡
山本 淳子
高沢 容子
ほか4名
書誌名園藝學會雜誌
別誌名園芸学会雑誌
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
発行元園藝學會
巻号,ページ74巻・ 4号, p.330-336(2005-07)ISSN00137626
全文表示PDFファイル (1167KB) 
抄録オドンチオダの生育の・開花と個葉の光合成に及ぼす高強度と温度の影響について検討した。バックシュートとカレントシュートの最終葉の光合成は、約30℃の葉温で著しく抑制され、光合成速度の低下は気孔コンダクタンスの低下と関連していた。バックシュートとカレントシュートの光飽和点はわずかに異なった。これらの葉の光合成は約400μmol・m(-2)・s(-1)の光強度が最適であった。糖とデンプンは強光条件下ではバックシュートの偽球茎に大量に蓄積した。それらの同化産物量はカレントシュートが葉を活発に展開させている時期には著しく低下し、その後再び増加した。したがって、バックシュートの偽球茎とカレントシュートの間には同化産物の転流が起きているものと考えられた。28/18℃で栽培された植物は、実験開始2ヶ月後にはすべて枯死し、本種の高温耐性が乏しいことが示された。生育と開花は光合成の最適条件に概ね合致する23/13℃、最大光強度300-500μmol・m(-2)・s(-1)で促進された。
索引語光合成;光;強度;生育;開花;葉;速度;温度;条件;球茎
引用文献数11
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat