‘水ナス'果実の抗酸化活性並びに外傷によるその活性の増大

‘水ナス'果実の抗酸化活性並びに外傷によるその活性の増大

レコードナンバー720084論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名橘田 浩二
中村 隆
森田 尚文
ほか3名
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ4巻・ 2号, p.229-232(2005-06)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (365KB) 
抄録地方品種‘水ナス’果実の抗酸化活性をDPPHラジカル消去活性測定法によって評価するとともに、外傷被害が抗酸化活性に及ぼす影響を調査した。外果皮中のアントシアニン含量とDPPHラジカル消去活性との間には正の相関が認められ、相関係数r=0.93(n=9)で、統計的に有意であった。クロロゲン酸は、果肉中に多量に含まれており、果肉中のDPPHラジカル消去活性の約1/2の活性を示した。外果皮では重量比は1.77%と小さかったが、単位重量当たりのDPPHラジカル消去活性が高かったため、寄与割合は15.9%と大きかった。果肉では、重量比が98.2%を占めるため、寄与割合は84.1%を占めた。外傷果実の最外部におけるDPPHラジカル消去活性は、正常部では3.46μmol・rolox当量/g・f.w.であったのに対し、外傷部では8.05μmol・rolox当量/g・f.w.と有意に高かった。以上のように、地方品種‘水ナス’の正常果実は抗酸化活性が高いこと、および外傷果実は抗酸化活性がさらに増加していることが明らかになり、近年関心が高まっている健康食品の中で、より高い抗酸化活性を有する素材として利用できる可能性が示唆された。
索引語活性;酸化;果実;水;ナス;品種;被害;アントシアニン;相関;酸
引用文献数14
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat