水稲成苗による複条並木植栽培の収量性

水稲成苗による複条並木植栽培の収量性

レコードナンバー720123論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
論文副題熊本県菊池郡市における事例
著者名片野 學
真鍋 孝
難波 正孝
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ74巻・ 2号, p.218-223(2005-06)ISSN00111848
全文表示PDFファイル (550KB) 
抄録昭和61年度、収量停滞打破を目指す一方策として、熊本県菊池郡市に第6葉抽出成苗(不完全葉を1とする)ポット苗移植機が導入された。本機導入に伴う栽培管理方法は、導入先進地である山形県からもたらされたものであり、その特殊個別技術として6ないし8条を1つの単位(複糸)とし、それらの間に2条間分に相当する60 cm を空ける栽植方法(以下、複条並木植、複条と複条との条間を複条間と呼ぶ、また、複条内の条間は30ないし33cmである) があった。調査を行った水田は品種コシヒカリおよびミナミニシキが複条並木植されていた9水田であり、両品種とも成熟期に、複条並木植の各条から連続した15株を収穫し、15株の占有面積を測定後、常法に従って収獲物調査を行った。まず、6月5日に移植し、9月20日に収穫した複条間が約60 cmであったコシヒカリ2水田における最外列(各複条の最外列2条をいう、以下同様)単位面積当たり収量は中央列(最外列2条以外の条、以下同様)の82%と87%であった。次に、6月下旬に移植し10月末から11月上旬に収穫したミナミニシキ7水田における複条数は6、8および12、複条間も45と60 cmなど様々であった。中央列に対する最外列単位面積当たり収量は、複条間が約45cmであった2水田ではほぼ同じであったが、60cmの場合、毎年2-5/10a相当の完熟豚糞が施用された1水田を除く4水田の場合には78%-91%にとどまっていた。両品種ともに複条の最外列では、占有面積拡大分に見合う穂数と1穂収量の補償効果が認められなかったためであった。以上のように、複条間を60 cm とする移植法については減収する場合が多いことが明らかになり、昭和62年度にはこの複条間距離で栽培する農家はいなくなった。
索引語水田;収量;移植;面積;苗;導入;単位;品種;熊本県;栽培
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat