カドミウム安定同位体(113Cd)トレーサーのダイズ圃場試験への適用

カドミウム安定同位体(113Cd)トレーサーのダイズ圃場試験への適用

レコードナンバー720171論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011749NACSIS書誌IDAN00195767
著者名川崎 晃
織田 久男
書誌名日本土壌肥料學雜誌 = Journal of the science of soil and manure, Japan
別誌名日本土壌肥料学雑誌
Japanese Journal of Soil Science and Plant Nutrition
日本土壌肥料學雜誌 : 土壌・肥料・植物栄養
発行元日本土壌肥料學會
巻号,ページ76巻・ 3号, p.261-267(2005-06)ISSN00290610
全文表示PDFファイル (678KB) 
抄録圃場における113Cd安定同位体トレーサーの利用技術を確立するため、ダイズ圃場において、1株あたり1mgのCdトレーサーを土壌に注入し、ダイズ(品種:エンレイ)各部位中のトレーサー濃度を測定するとともに、生育時期別に注入したCdトレーサーの子実移行性を調査した。生育中期(R3及びR5)に採取したダイズの葉、莢、子実、成熟後に採取した茎及びほとんどの莢と子実からトレーサー由来のCdが検出され、本手法により、圃場栽培ダイズによるCd吸収をトレース可能であることが明らかになった。このときの土壌への(113)Cdの負荷量は、一般的な土壌中のCd賦存量の20分の1以下であり、環境への負荷も極めて軽微であると考えられた。安定同位体をトレーサーとして利用する本手法は、従来の放射性同位体(RI)トレーサー法と異なり、RI管理及びRI半減期の制約を受けることなく圃場へ利用できる利便性の高い手法である。さらに、トレーサー由来のCdだけでなく、土壌由来のCdも同時に定量できるという利点がある。生育時期別に処理したダイズ各部位のトレーサー濃度から、経根吸収されたCdが葉、莢と子実、茎に移行しやすい時期はそれぞれ異なっており、葉は開花始め(R1)よりも前、子実と莢は粒肥大始め(R5)よりも前、茎はR5もしくはその少し後までに吸収したCdを蓄積することが明らかになった。また、葉に蓄積されたCdの子実中Cd濃度に及ぼす影響は極めて小さいことが示唆された。さらに、深さ別のCd吸収について調べたところ、R5までは作土下の次層からも表層土と大差ない程度のCdが吸収されることを見出した。
索引語ダイズ;子実;圃場;吸収;土壌;葉;利用;濃度;生育;時期
引用文献数16
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat