カキ殻投与による産卵鶏における痛風を伴う尿石症の病理

カキ殻投与による産卵鶏における痛風を伴う尿石症の病理

レコードナンバー720289論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011607NACSIS書誌IDAN0007252X
著者名庄山 剛史
中村 菊保
中尾 真治
ほか5名
書誌名鶏病研究会報
別誌名Journal of the Japanese Society on Poultry Diseases
鶏病研究会報
巻号,ページ41巻・ 1号, p.52-57(2005-05)ISSN0285709X
全文表示PDFファイル (1166KB) 
抄録カキ殻投与による産卵鶏の痛風を伴う尿石症がみられたので、その病態を病理学的に検討した。肉眼的には、腎臓の腫大、腎臓表面と実質の白色結節の多発、尿管の拡張、心膜の白色物の付着、肝臓の腫大と白斑がみられた。組織学的には、尿管、腎臓の集合管と尿細管の拡張、尿酸塩物質あるいは石灰化物質の貯留、尿細管の萎縮と消失、間質結合組織の増殖、尿酸塩結晶の尿細管内および血管内析出がみられた。また、脾臓、肝臓、心臓、肺、腺胃、筋胃、卵巣、卵管における尿酸塩析出がみられた。コッサ染色で、回腸における腸内容から腸粘膜へのカルシウムの吸収像が確認された。尿石症発生鶏群の血清尿酸値の著しい上昇がみられた。
索引語尿;尿酸;カキ;殻;投与;産卵;物質;胃;腸;病理
引用文献数15
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat