放牧及び良質粗飼料給与育成牛の産肉能力

放牧及び良質粗飼料給与育成牛の産肉能力

レコードナンバー720373論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00019580NACSIS書誌IDAN00217021
著者名富永 哲
前田 康之
古閑 文哉
書誌名福島県畜産試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Fukushima Animal Husbandry Experiment Station
発行元福島県畜産試験場
巻号,ページ12号, p.91-94(2004-12)ISSN03876888
全文表示PDFファイル (325KB) 
抄録放牧場産子の肥育特性は未解明な部分が多いが、セリ市場での評価向上のためには、肥育成績が舎飼育成された肥育素牛と同等であることが求められる。試験場内および実証農家において放牧場産子(放牧・良質粗飼料多給育成の素牛)と舎飼産子(放牧育成ではないセリ市場導入牛)を同一給与体系(27~28カ月齢出荷の短期肥育体系)で肥育した。素牛の血統はすべて福島県有種雄牛産子とした。その結果、放牧場産子は高い飼料摂取量および高い発育を示した。コストについては、販売価格から導入価格・飼料費を差し引いた差益は±2.5%程度の差で同等となった。産肉成績は肉量・肉質とも同程度となり、産肉能力の同等性が実証された。
索引語放牧;肥育;育成;粗飼料;能力;市場;導入;体系;価格;育成牛
引用文献数1
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat