生ゴミ炭化物の土壌施用によるトマト青枯病抑制

生ゴミ炭化物の土壌施用によるトマト青枯病抑制

レコードナンバー720427論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016779NACSIS書誌IDAN00352796
著者名根路銘 美穂
豊田 剛己
Islam T.Md.
ほか4名
書誌名土と微生物
別誌名Soil microorganisms
発行元土壌微生物研究会
巻号,ページ59巻・ 1号, p.9-14(2005-04)ISSN09122184
全文表示PDFファイル (629KB) 
抄録本研究では生ゴミの再利用法の一つとして、炭化物の土壌施用を想定し、生ゴミ炭化物のトマト青枯病抑制効果を人工気象機内、圃場の栽培条件下で検討した。生ゴミ炭化物及び木炭を土壌に添加し接種試験を行った結果、生ゴミ炭化物添加区において発病抑制効果が認められた。その他2種の土壌及び軽石に生ゴミ炭化物を添加すると、いずれにおいても発病が軽減された。さらに生ゴミ炭化物の土壌への最適添加量の検討を行った結果、添加量が増すにつれ発病を抑制するが、30%(v/v)以上の添加ではトマトの発芽阻害及び生育阻害を引き起こした。また、生ゴミ炭化物の青枯病の発病抑制効果は圃場試験においても3ヶ月間、継続して観察された。生ゴミ炭化物の発病抑制メカニズムについては、生ゴミ炭化物に多量に存在するカルシウムのみの関与ではなく、他の化学物質、土着の微生物、土壌の物理性への影響が関与していることが示唆された。
索引語土壌;抑制;添加;発病;トマト;青枯病;効果;施用;圃場;研究
引用文献数13
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat