イチゴにおけるミカンキイロアザミウマFrankliniella occidentalis(Pergande)の被害解析

イチゴにおけるミカンキイロアザミウマFrankliniella occidentalis(Pergande)の被害解析

レコードナンバー720434論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014825NACSIS書誌IDAN00186121
著者名片山 晴喜
書誌名日本応用動物昆虫学会誌
別誌名Japanese journal of applied entomology and zoology
日本応用動物昆虫学会誌
巻号,ページ49巻・ 2号, p.51-56(2005-05)ISSN00214914
全文表示PDFファイル (553KB) 
抄録施設栽培イチゴ(品種:女蜂)においてミカンキイロアザミウマを放飼し、花、幼果および成熟果の生息数と被害度の関係、青色粘着トラップによる成虫捕獲数または花の成虫生息率と被害度の関係を解析した。1.花では雌成虫が、幼果および成熟果では幼虫が主に生息した。果実では顎の隙間や種子形成部の窪み、マルチや葉に接した果実面に生息していた。2.被害度と成熟果、1および2週間前の幼果における雄、雌および幼虫生息数との重回帰分析の結果より、被害度は主に成熟果の幼虫数によって規定された(R(2)=0.775)。3.花における成虫生息率(x)と1週間後の成熟果の被害度(ロジスティック変換値:y)には有意な正の相関が認められ(y=0.00958x-0.847、R(2)=0.627)、被害度5に対応する花の成虫生息率は21.6%であった。なお、この水準に基づく調査の必要サンプル数は59.4花であった。
索引語被害;花;成虫;幼虫;イチゴ;解析;雌;果実;施設栽培;品種
引用文献数22
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat