高血圧自然発症ラットにおけるモリンガ葉水抽出物の抗高血圧作用

高血圧自然発症ラットにおけるモリンガ葉水抽出物の抗高血圧作用

レコードナンバー752470論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名梶原 良
中津 沙弥香
塩野 忠彦
ほか4名
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ55巻・ 4号, p.183-185(2008-04)ISSN1341027X
全文表示
抄録高血圧自然発症ラット(SHR)にモリンガ葉の10倍水抽出物を強制経口投与し、血圧上昇抑制効果について検討を行った。その結果、単回投与試験では血圧の有意な低下は認められなかったが、長期投与試験では、投与後25日目以降有意な血圧上昇抑制作用が認められた。また、モリンガ葉は、抗高血圧作用を有するGABAを高含有していた。モリンガ葉を長期間継続的に摂取することで高血圧発症を予防できる可能性があることが示唆された。
索引語モリンガ葉;高血圧自然発症ラット;抗高血圧作用;モリンガ葉水抽出物;SHR;10倍水抽出物;強制経口投与;血圧上昇抑制効果;検討;単回投与試験
引用文献数12
登録日2010年05月07日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat