食品中リグナンの摂取と機能

食品中リグナンの摂取と機能

レコードナンバー753234論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014870NACSIS書誌IDAN0038751X
論文副題リグナン研究の最新動向
著者名畑 直樹
岡澤 敦司
小林 昭雄
書誌名農業および園芸 = Agriculture and horticulture
発行元養賢堂
巻号,ページ83巻・ 6号, p.649-656(2008-06)ISSN03695247
全文表示PDFファイル (3086KB) 
抄録リグナンは、C6-C3単位を1単位とする二量体で、かつ、少なくとも、それぞれのC8位同士が必ず結合(C8-C8’結合)している植物由来の化学物質の総称である。わが国におけるリグナンの研究は、薬用植物を用いた生薬学的研究や、林木における心材形成と関連した研究を中心に行われてきた。このような背景からか、穀類、野菜、果物といった日常摂取する作物については、ゴマのセサミン類を除けば、ほとんど研究がなされておらず、リグナンについての関心は一般的には低い。一方、欧米においては、リグナンの抗がん作用をはじめとする種々の有用性を背景に、食品中のリグナンに対する関心が高く、研究例も多い。本稿では、食品中のリグナンに関する研究の動向について植物エストロゲンの話題を中心に、近年のトピックスを紹介する。
索引語食品中リグナン;摂取;機能;リグナン研究;最新動向
引用文献数24
登録日2011年01月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat