香稲(香り米)

香稲(香り米)

レコードナンバー761368論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014870NACSIS書誌IDAN0038751X
論文副題こぼれ話
著者名小川 正巳
猪谷 富雄
書誌名農業および園芸 = Agriculture and horticulture
発行元養賢堂
巻号,ページ83巻・ 8号, p.852-859(2008-08)ISSN03695247
全文表示PDFファイル (3810KB) 
抄録香稲(こうとう、においいね)あるいは香り米(かおりまい)とは稲体あるいは米から独特の香りを発する稲あるいは米のことである。その香りの主成分は2-アセチル-1-ピロリンであり、最近プロリンからの香稲特有の生合成機構が調べられている。炊飯時に普通米に香り米を数%混ぜると食味の向上や古米臭の消去に効果があるとされ、わが国において香稲は古来珍重されてきたものである。現在でも小規模であるがわが国の香稲の栽培は存続し、また地域起こしの一環としても一部の地域でその栽培が復活している。また近年、新しく品種改良した数種の香稲も登場し、市販の香り米を容易に入手することが可能である。さらに、現在では輸入された外国産の香り米も容易に入手でき、またそれを使った料理をファミリーレストランで食べられる時代になっている。わが国における香稲に関する記録はすでに中世後期にあり、江戸時代に入ると諸国の農書や産物帳類などに香稲に関する記録が散見される。本報告はわが国を中心にした香稲の歴史や現状に関して従来の総説や解説などではあまり触れられていない余話的な話題を取り上げたものである。
索引語香稲;香り米;話
引用文献数70
登録日2011年01月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat