人工種苗メバル、クロソイおよびカサゴにおける鼻孔隔皮欠損の出現状況

人工種苗メバル、クロソイおよびカサゴにおける鼻孔隔皮欠損の出現状況

レコードナンバー761778論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名松岡 正信
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ74巻・ 4号, p.694-696(2008-07)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (1414KB) 
抄録重要栽培漁業対象魚種における鼻孔隔皮欠損の出現状況を把握する一環として、胎生魚3種の人工稚魚について検討した。メバルの鼻孔隔皮欠損率は80.0%であり、他に前鼻孔の欠損が0.9%みられた。クロソイの鼻孔隔皮欠損率は33.3%であった。カサゴについては4つの種苗生産機関の稚魚を観察した結果、10.0%、38.3%、69.0%および70.5%と種苗生産機関によって大きく異なっていた。本結果から、メバルおよびカサゴについては鼻孔隔皮欠損を放流種苗の標識として用いられる可能性が示唆された。
索引語カサゴ;鼻孔隔皮欠損;クロソイ;出現状況;メバル;鼻孔隔皮欠損率;人工種苗メバル;重要栽培漁業対象魚種;把握;一環
引用文献数13
登録日2011年01月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat