ニホンナシ‘幸水'の栽培の現状に関する一考察(2)

ニホンナシ‘幸水'の栽培の現状に関する一考察(2)

レコードナンバー762583論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014870NACSIS書誌IDAN0038751X
論文副題主に千葉県東葛飾地域におけるえき花芽利用について
著者名加藤 修
書誌名農業および園芸 = Agriculture and horticulture
発行元養賢堂
巻号,ページ83巻・ 10号, p.1097-1102(2008-10)ISSN03695247
全文表示PDFファイル (2602KB) 
抄録日本ナシ‘幸水’の栽培の現状に関する一考察。主に千葉県東葛飾地域におけるえき花芽利用について。今日、‘幸水’の栽培にはえき花芽着生を目的とした予備枝の育成が不可欠となっている。千葉県においても例外ではない。とりわけ、主要産地の土壌は関東ローム層からなる黒ボク土であり、えき花芽着生がきわめて不良なので、予備枝の育成は基軸的方策となっている。黒ボク土では根が走りやすく、新梢が徒長的に伸長し、新梢停止期の遅延が要因となってえき花芽着生が不良になりやすいからである。すでに、6月上旬から中旬にかけての誘引により新梢伸長を抑制してやることがえき花芽着生に好結果をもたらすことがわかっていたので、当初予備枝は誘引した枝の中から育成していた。しかし、この予備枝は主枝・亜主枝などから直接発生した1年生枝を用いるだけで、行き当たりばったりに設けたものであり、今日一般的となっているような太さと長さを有する予備枝は得られなかった。今日、‘幸水’の予備枝には種々の育成方法が存在する。千葉県東葛飾地域の生産農家に対して調査を行ったところ、その状況が明らかとなった。本稿では各育成方法をA式、B式などと名付けて分類を行った。
索引語ニホンナシ;栽培;現状;一考察;千葉県東葛飾地域;花芽利用
引用文献数12
登録日2011年01月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat