落葉樹林における土壌呼吸に地形の及ぼす影響

落葉樹林における土壌呼吸に地形の及ぼす影響

レコードナンバー770247論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015066NACSIS書誌IDAN00200732
論文副題京都府南部の風化カコウ岩地帯における場合
著者名玉井 幸治
小南 裕志
深山貴文
後藤 義明
大谷 義一
書誌名農業氣象
別誌名J. Agric. Meteorol
Journal of agricultural meteorology
農業気象
Journal of the agricultural meteorology
発行元養賢堂
巻号,ページ64巻・ 4号, p.215-222(2008-12)ISSN00218588
全文表示PDFファイル (454KB) 
抄録丘陵状の山地森林小流域における沢底部と尾根部において自動開閉チャンバーによる土壌呼吸量のモニタリング観測を行ない、地形による影響を定量的に評価した。土壌呼吸量は、夏には沢底部の方が、冬には尾根部の方が多かった。夏には尾根部の土壌が乾燥し、冬には尾根部の地温が高かったためである。沢底部と尾根部における年間土壌呼吸量は、約6.2 tC/ha/yearとほぼ同じであった。しかし沢底部に比べて、尾根部の方が高かった地温による土壌呼吸促進量0.68 tC/ha/yearと土壌の乾燥による抑制量0.62 tC/ha/yearがほぼ相殺された結果であった。
索引語尾根部;tC/ha/year;沢底部;夏;冬;地形;影響;土壌;土壌呼吸量;地温
引用文献数16
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat