ウメを加害するアカマダラケシキスイの水浸漬処理による物理的防除

ウメを加害するアカマダラケシキスイの水浸漬処理による物理的防除

レコードナンバー791346論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20009168NACSIS書誌IDAA11480140
著者名中 一晃
行森 啓
菱池 政志
三井 信弥
書誌名和歌山県農林水産総合技術センター研究報告
別誌名和歌山農林水技セ研報
Bull. Wakayama Res. Cent. Agri. Forest. Fish
発行元和歌山県農林水産総合技術センター
巻号,ページ11号, p.45-52(2010-03)ISSN13455028
全文表示PDFファイル (663KB) 
抄録化学薬剤を使用しない物理的防除方法として、農家の大規模な一次加工の作業において導入できる果実の水浸漬処理によって、アカマダラケシキスイ幼虫の梅干しへの混入を防止する技術について検討した。1.収穫コンテナで浸漬処理を行っても、効果に影響のないことから、収穫後、そのまま浸漬できる収穫コンテナで処理することが良いと考えられた。2.処理時間は45分以上で安定した効果が認められた。3.大型浸漬槽を用いた大量浸漬処理において浸漬位置による影響は無く、実際の農家での導入には問題はないと考えられた。4.水浸漬処理は1時間以内であれば果実品質に影響はなく、2、3時間でも1時間に比べると破損果率がやや高くなるが果実品質には影響は少ないことが示唆された。また、浸漬時間1時間までの水深50〜150cmの範囲では、果実品質への影響がないと思われた。5.45分間水浸漬処理は、化学薬剤による防除より効果が高く、ウメの健康食品としてのイメージを損ねない、安全・安心な環境に優しい防除方法である。
索引語処理;影響;効果;果実品質;ウメ;アカマダラケシキスイ;化学薬剤;農家;導入;収穫コンテナ
引用文献数5
登録日2011年07月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat