リンゴ新品種「おぜの紅」の育成

リンゴ新品種「おぜの紅」の育成

レコードナンバー791374論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20014518NACSIS書誌IDAA11944740
著者名堀込 充
中篠 忠久
阿部 和幸
古籐田 正博
岩波 宏
森谷 茂樹
書誌名群馬県農業技術センター研究報告
発行元群馬県農業技術センター
巻号,ページ7号, p.45-50(2010-03)ISSN13489054
全文表示PDFファイル (807KB) 
抄録1990年より新品種の育成試験を開始し、独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所(以下果樹研究所)で育成された「盛岡47号」の自然交雑実生から「おぜの紅」(登録番号17323号)を育成した。「おぜの紅」は、8月下旬から9月上旬の満開120〜125日後に収穫する早生品種で、樹姿は直立と開張の中間型である。幼木期の樹勢は強め、副梢の着生が良好であるが、成木期には樹勢が中位になる。短果枝はつきやすく、開花期は他品種に比較して遅い。果実は長円形で王冠が強い。果実の大きさは中位で、果皮は鮮紅色に着色し、同時期の「つがる」に比較して着色に優れ、外観が良好である。果肉の硬さは中位、肉質も中位で、果汁が多い。食味は甘酸適和で、糖度は約13%、酸度は約0.3g/100mlである。香気が多く、蜜入りはなく、心カビの発生は少ない。玉揃いも良く、収穫前落果は少ない。
索引語新品種;果樹;研究所;樹勢;比較;果実;実生;幼木期;開花期;同時期
引用文献数6
登録日2011年07月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat