血糖値上昇抑制効果を有する機能性糖質L-アラビノースの生理機能研究と工業生産技術の開発

血糖値上昇抑制効果を有する機能性糖質L-アラビノースの生理機能研究と工業生産技術の開発

レコードナンバー812418論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20039427NACSIS書誌IDAA12509099
著者名柴沼 清
出川 洋子
宮脇 洋之
世利 謙二
讃井 和子
書誌名応用糖質科学
別誌名日本応用糖質科学会誌応用糖質科学
発行元日本応用糖質科学会
巻号,ページ1巻・ 1号, p.65-69(2011-01)ISSN21856427
全文表示PDFファイル (452KB) 
抄録L-アラビノースは植物細胞壁の構成糖の1つであるペントースで, L体として多く存在する。植物細胞壁の1つコーンファイバーをシュウ酸で限定分解することで,L-アラビノースを多く含む糖液の調製を行い,精製,工業的クロマト分離,晶析工程等を経て高純度(99%以上)のL-アラビノースを生産する技術開発に成功した。L-アラビノースそれ自体は腸管から3.4%しか吸収されないが,小腸スクラーゼを阻害することから,ショ糖由来の血糖上昇を抑制する。その阻害はα-グルコシダーゼの中でスクラーゼに対して特異的で,阻害機構は不括抗型であった。有効な添加量はショ糖に対し3~4% で,血糖上昇,インスリン分泌を有意に抑制し,60分間の血糖曲線下面積を40%低減した。効果の持続性では,in vitroではスクラーゼ付近で4時間以上滞留すると共に,ヒト試験では2時間後に摂現した糖負荷食(市販の羊羹)の血糖上昇を有意に抑制した。その安全性は,動物やヒトを用いた試験で確認された。ショ糖を含む食品だけでなく,ショ糖を含まなくともショ糖を含む食品と一緒に摂る食品への添加用素材としてアラビノースは有用である。
索引語アラビノース;血糖値上昇抑制効果;機能性糖質L;生理機能研究;工業生産技術;開発
引用文献数17
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat