裏作に於ける石灰窒素撒布が雑草の発生及び麦の生育収量に及ぼす影響について

裏作に於ける石灰窒素撒布が雑草の発生及び麦の生育収量に及ぼす影響について

レコードナンバー845092論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016679NACSIS書誌IDAN00142421
著者名林 政衛
川代 賢
川名 栄
書誌名千葉県農業試験場研究報告 = Bulletin of the Chiba-Ken Agricultural Experiment Station
別誌名千葉農試研報
Bull. Chiba Agric. Exp. Stn.
Bulletin of the Chiba Prefectural Agricultural Experiment Station
発行元千葉県農業試験場
巻号,ページ2号, p.55-58(1958-03)ISSN05776880
全文表示PDFファイル (476KB) 
抄録水田裏作麦に対し石灰窒素の播種前処理を行い次の結果が得られた。(1)石灰窒素による除草効果は極めて高く,麦の生育,収量共と良好であった。(2)実験I,IIを総括して,撒布量は反当全面撒布15メ程度の割合で畦内撒布することが有効と思われる。反当撒布量は15〆程度が有効であり,利用面積に応じて畦内に撒布する。
索引語麦;石灰窒素;撒布;裏作;石灰窒素撒布;雑草;発生;生育収量;影響;撒布量
引用文献数6
登録日2015年08月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat