北海道南部で発生したトマトのつやなし果の形態的特徴とその判別法

北海道南部で発生したトマトのつやなし果の形態的特徴とその判別法

レコードナンバー850390論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名細淵 幸雄
斉田 純子
五十嵐 俊成
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ12巻・ 1号, p.83-87(2013-01)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (965KB) 
抄録北海道南部に発生する,トマトのつやなし果の形態的特徴とその判別法を明らかにした。暗所において,つやなし果の外果皮に単一光を照射すると乱反射した。果実の果皮断面を顕微鏡観察すると,外果皮表面は正常果では平滑であったのに対し,つやなし果では凹凸状であった。外果皮表面をSUMP法で観察すると,正常果は多角形の細胞が配列されていたのに対し,つやなし果ではそれに加えて亀裂が認められた。この亀裂が外果皮の凹凸を形成し,照射される光を乱反射させ,つや(光沢)をなくすとともに,ざらつきの原因になると考えられた。つやなし果は,正常果に比べて収穫後の果実水分の損失が多く日持ち性が劣った。
索引語つやなし果;正常果;北海道南部;発生;トマト;形態的特徴;判別法;外果皮;照射;乱反射
引用文献数8
登録日2013年07月24日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat