Acacia mangium植林地土壌ならびにImperata cylindrica草原土壌への窒素添加がリンの存在形態ならびに酸性ホスファターゼ活性に及ぼす影響

Acacia mangium植林地土壌ならびにImperata cylindrica草原土壌への窒素添加がリンの存在形態ならびに酸性ホスファターゼ活性に及ぼす影響

レコードナンバー850504論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00007967NACSIS書誌IDAN00124077
著者名屋代 直樹
山下 尚之
太田 誠一
書誌名森林立地
別誌名Japanese journal of forest environment
森林立地学会誌
発行元森林立地墾話会
巻号,ページ54巻・ 2号, p.93-100(2012-12)ISSN03888673
全文表示PDFファイル (706KB) 
抄録マメ科樹種植林における窒素(N)濃度の高いリターの投入は,土壌中の微生物活性を高め,植物によるPの利用性を促進する可能性がある。本研究ではAcacia mangium植林地とその前植生であるImperata cylindrica草原の土壌において,陰イオン交換樹脂(resin-P),NaHCO3(NaHCO3-P),NaOH(NaOH-P),HCl(HCl-P)を用いた逐次抽出法による無機態P(Pi)および有機態P(Po)の形態別分析とNおよびCの添加培養試験を実施した。両土壌における全Pに占める有効態P(resin-P+NaHCO3-Pi)の割合は4-6%である一方,有機態Pの割合は35-45%であった。アカシア土壌と草原土壌のP形態および全Pには有意な植生間差がほとんど認められず,各土壌の粘土含量の違いがリンの存在様式をより強く規定していた。全培養期間を通じ,N無添加区におけるアカシア土壌の酸性ホスファターゼ活性(APA)は草地土壌より高く,N添加によってアカシア土壌のAPAはさらに増加した。このことから,アカシアなど窒素固定樹種下の土壌はN濃度の高いリターの継続的な投入によって高いAPAを獲得しており,リン制限のかかった熱帯土壌においてより高いリン獲得ポテンシャルを備えている可能性が示唆された。
索引語リター;土壌;アカシア土壌;リン;酸性ホスファターゼ活性;Acacia mangium植林地土壌;Imperata cylindrica草原土壌;APA;投入;可能性
引用文献数37
登録日2013年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat