マダイにおける大豆油粕主体無魚粉飼料へのタウリン添加効果の組織学的検討

マダイにおける大豆油粕主体無魚粉飼料へのタウリン添加効果の組織学的検討

レコードナンバー850509論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名天野 俊二
鈴木 伸洋
松成 宏之
岩下 恭朗
山本 剛史
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ60巻・ 4号, p.459-467(2012-12)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (2797KB) 
抄録加熱処理済みの大豆油粕を主体とした無魚粉飼料(NFM)を給与したマダイの肝膵臓に及ぼす影響ならびに同飼料へのタウリンの添加効果について組織学的に検討した。NFM区の肝膵臓では,肝細胞の核と細胞質に萎縮が認められ,また膵臓外分泌部では腺細胞の細胞質の萎縮,チモーゲン顆粒および赤血球の減少が認められた。タウリンを添加した飼料区では肝膵臓における萎縮変性が改善された。以上のことより,NFM飼料給与時のマダイで生じる肝膵臓組織の変性の軽減にはタウリン添加が有効であることが示された。
索引語マダイ;肝膵臓;大豆油粕主体無魚粉飼料;タウリン;萎縮;細胞質;無魚粉飼料;変性;タウリン添加効果;組織学的検討
引用文献数19
登録日2013年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat