矢作川水系における特定外来種カワヒバリガイの最小産卵殻長

矢作川水系における特定外来種カワヒバリガイの最小産卵殻長

レコードナンバー850514論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名岩下 恭朗
鈴木 伸洋
天野 俊二
白金 晶子
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ60巻・ 4号, p.503-510(2012-12)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (2673KB) 
抄録愛知県矢作川水系におけるカワヒバリガイの最小産卵殻長について組織学的観察より検討を行った。2010年7~9月に採集した246個体(殻長4.6~29.2mm,平均殻長14.2mm)を用いた。当該期間では産卵個体である成熟期と放出期の個体が採集期間を通して平均83.7%出現し,産卵終了を示す放出終了期の個体は出現しなかった。生殖腺小嚢において卵巣腔の出現の有無により判断した性分化個体の最小殻長サイズは雌が4.8mm,雄が5.4mmであった。成熟期個体の最小殻長は雌では9.6mm,雄では5.8mmであり,放出期個体の最小殻長は雌が10.9mm,雄は9.4mmであった。また,全個体が産卵している放出期の殻長は雌21mm,雄20mm以上であった。
索引語雌;雄;放出期;個体;最小殻長;出現;愛知県矢作川水系;カワヒバリガイ;最小産卵殻長;組織学的観察
引用文献数24
登録日2013年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat