糖類添加発酵清酒の開発(2)

糖類添加発酵清酒の開発(2)

レコードナンバー850555論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012372NACSIS書誌IDAN10370590
著者名上東 治彦
加藤 麗奈
市田 英雄
書誌名高知県工業技術センター研究報告
別誌名The report on works of Kochi Prefectural Industrial Technology Center
高知県工業技術センター報告
Reports of Industrial Technology Center of Kochi Prefecture
発行元高知県工業技術センター
巻号,ページ43号, p.14-22(2012-09)ISSN09168729
全文表示PDFファイル (527KB) 
抄録酒税法改正により発酵中のモロミに糖類が添加できることとなり、従来とは異なる香味を持つ普通酒の醸造が可能となった。そこで新酒造法を普及させるため、県内酒造場にて実証試験を行った結果、順調に発酵し、芳醇な香味を持つ普通酒が醸造できた。また、得られた製成酒を低アルコールの発泡タイプとして各種研修で試飲したところ、良好な評価が得られた。更に醸造法に適した酵母を取得するため、アルコール耐性株やピルビン酸低生産株を育種した結果、それぞれ有望な株が数株得られた。
索引語醸造;香味;普通酒;結果;株;糖類添加発酵清酒;開発;発酵;酒税法改正;糖類
引用文献数4
登録日2013年07月30日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat