NIRSによる食品画像に対する個人の嗜好性判定

NIRSによる食品画像に対する個人の嗜好性判定

レコードナンバー850566論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20039226NACSIS書誌IDAA12503864
著者名熊谷 昌則
書誌名秋田県総合食品研究センター報告 = Bulletin of the Akita Research Institute of Food and Brewing
発行元秋田県総合食品研究センター
巻号,ページ14号, p.1-7(2012-12)ISSN21856699
全文表示PDFファイル (1732KB) 
抄録本研究は,個人の感性・嗜好に係わる脳内情報を脳血流変化量にもとづいたNIRS(Near Infra-Red Spectroscopy)信号で検出できないかどうか検討したものである。被験者に外部刺激としてコンビニエンスストアーで販売されているスィーツの画像を見せて,被験者が食べたいと思って見ているときの脳血流変化と,そうではないときの脳血流変化の違いについて調べた。その結果,被験者ごとにその応答は異なるものの,嗜好の違いがNIRS信号に反映され,被験者個人の嗜好をアンケート調査などで意思表示させることなく検出できる可能性が示された。
索引語NIRS;嗜好;画像;被験者;脳血流変化;検出;違い;コンビニエンスストアー;スィーツ;食品
引用文献数5
登録日2013年07月30日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat