北海道におけるイネの割れ籾発生がアカヒゲホソミドリカスミカメの幼虫発育と産卵数に及ぼす影響

北海道におけるイネの割れ籾発生がアカヒゲホソミドリカスミカメの幼虫発育と産卵数に及ぼす影響

レコードナンバー850608論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015089NACSIS書誌IDAN00052373
著者名橋本 庸三
書誌名北日本病害虫研究会報
別誌名Annual report of the Society of Plant Protection of North Japan
北日本病害虫研究会報
発行元北日本病害虫研究会
巻号,ページ63号, p.127-131(2012-12)ISSN0368623X
全文表示PDFファイル (720KB) 
抄録割れ籾の発生程度が異なる品種・系統を用いて,北海道の水田においてイネの割れ籾がアカヒゲホソミドリカスミカメ幼虫の発育および産卵数に及ぼす影響を検討した。割れ籾率と幼虫数の間には統計的な相関は得られなかったが,割れ籾が多くなると幼虫密度も高くなる傾向はみられた。また,割れ籾率と産卵数の間に有意な正の相関が認められ,割れ籾が多くなると産卵数が多くなることが圃場レベルで確認された。以上から,割れ籾が多くなると,餌として発育に好適な玄米を吸汁するチャンスが増え,幼虫密度が高まるとともにイネへの産卵数も多くなることが推察された。
索引語産卵数;割れ籾;イネ;北海道;影響;アカヒゲホソミドリカスミカメ;発育;割れ籾率;幼虫密度;正の相関
引用文献数15
登録日2013年07月31日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat