元素分析による生シイタケの栽培方法及び原産国の判別法の開発

元素分析による生シイタケの栽培方法及び原産国の判別法の開発

レコードナンバー850645論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20033748NACSIS書誌IDAA12300175
著者名門倉 雅史
書誌名農林水産消費安全技術センター食品関係等調査研究報告
発行元農林水産消費安全技術センター
巻号,ページ36号, p.1-11(2012-11)ISSN18837824
全文表示PDFファイル (862KB) 
抄録国内に流通している国産原木栽培シイタケ、国産菌床栽培シイタケ及び中国産菌床栽培シイタケを収集し、それらの元素組成の差異を調査することで、栽培方法、原産国を予測するための判別法の開発を検討した。シイタケ中の21元素を定量する分析法の精度等を確認した後、各栽培品計224件を分析した。まず、国産原木栽培品79件と菌床栽培品145件(うち国産菌床栽培品87件、中国産菌床栽培品58件)の元素濃度を変数として、線形判別分析により栽培方法判別モデルを構築した。この結果、国産原木栽培品の栽培方法を97.9%の的中率で予測し、菌床栽培品の栽培方法を99.2%の的中率で予測するモデルが構築できた。また、同様に、国産菌床栽培品87件と中国産菌床栽培品58件の元素濃度を変数として、原産国判別モデルを構築した。この結果、国産菌床栽培品の原産国を86.1%の的中率で予測し、中国産菌床栽培品の原産国を85.4%の的中率で予測するモデルが構築できた。
索引語予測;栽培方法;原産国;構築;的中率;判別法;開発;モデル;栽培;変数
引用文献数13
登録日2013年07月30日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat