農作物加工品からの遺伝子組換え体の定性分析技術の検討

農作物加工品からの遺伝子組換え体の定性分析技術の検討

レコードナンバー850649論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20033748NACSIS書誌IDAA12300175
論文副題リアルタイムPCR装置による定性分析法の加工食品への適用性の検討
著者名則武 寛通
笠原 正輝
小岩 智宏
書誌名農林水産消費安全技術センター食品関係等調査研究報告
発行元農林水産消費安全技術センター
巻号,ページ36号, p.33-44(2012-11)ISSN18837824
全文表示PDFファイル (27867KB) 
抄録市販のダイズ加工品、トウモロコシ加工品及びジャガイモ加工品等を対象として、リアルタイムPCR装置による遺伝子組換え体定性分析法の加工食品への適用について検討した。ダイズ加工品及びトウモロコシ加工品についてはリアルタイムPCR装置による定性分析法と現行のJAS分析試験ハンドブックに記載されている定性分析法との間に大きな差は見られなかった。ジャガイモ加工品等についてはリアルタイムPCR装置による定性分析法が現行のJAS分析試験ハンドブックに記載されている定性分析法と同等以上の検出感度を有する可能性が示唆された。以上のことから、ダイズ加工品、トウモロコシ加工品及びジャガイモ加工品等についてリアルタイムPCR装置による定性分析法の適用は可能であることが示唆された。
索引語定性分析法;リアルタイムPCR装置;検討;ダイズ加工品;トウモロコシ加工品;ジャガイモ加工品等;加工食品;適用;現行;JAS分析試験ハンドブック
引用文献数7
登録日2013年07月30日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat