水田湛水層におけるCO2,溶存酸素(DO),pHおよびRpHの日変動とその相互関係

水田湛水層におけるCO2,溶存酸素(DO),pHおよびRpHの日変動とその相互関係

レコードナンバー850812論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016414NACSIS書誌IDAN0024866X
著者名臼井 靖浩
粕渕 辰昭
書誌名陸水學雜誌
別誌名Japanese journal of limnology
発行元日本陸水學會
巻号,ページ74巻・ 1号, p.15-20(2013-01)ISSN00215104
全文表示PDFファイル (646KB) 
抄録水田湛水層におけるCO2,溶存酸素(以下,DO),pHおよびRpHは,日射量の変動に関連して変動していることが確認された。変動している各要素の相互関係についての報告はされていないことから,これらの変動を3つに分け解析することとした。フェーズIでは,日射量の増加とともに,CO2は減少し,DOおよびpHは増加した。CO2とDOの値,およびCO2の対数値とpHとは,ともに線形関係を示した。フェーズIIでは,日射量があるにも関わらず,湛水層におけるCO2は,ほとんどゼロを示した。DOおよびpHはピークに達した後,徐々に減少した。フェーズIIIでは,日射量の減少とともにCO2は増加し,DOおよびpHは減少した。CO2とDOとの間には,直線的な部分と曲線的な部分からなる関係が,log[CO2]とpHとの間には,部分的に直線形でその傾きは同程度であり,それぞれにヒステリシスの関係が見られた。水田湛水層におけるこれらの現象は,化学的な変化のみでは説明することが困難であった。その要因として,湛水層に生息するシアノバクテリアや藻類の活動が水質に影響を及ぼしていることが考えられた。今後,ヒステリシスの関係を生じさせる原因を明らかにするために,水田湛水層に生息するシアノバクテリアや藻類の物理現象への役割について,より詳細に明らかにしていくことが課題である。
索引語CO2;関係;水田湛水層;RpH;日射量;変動;減少;湛水層;ヒステリシス;増加
引用文献数19
登録日2013年08月07日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat