ヒト尿を用いる新しいビタミン栄養状態の創成

ヒト尿を用いる新しいビタミン栄養状態の創成

レコードナンバー851058論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014795NACSIS書誌IDAN00311992
著者名柴田 克己
書誌名日本栄養・食糧学会誌
別誌名日本栄養・食糧学会誌
発行元日本栄養・食糧学会
巻号,ページ66巻・ 1号, p.3-8(2013-02)ISSN02873516
全文表示PDFファイル (565KB) 
抄録ラットおよびヒトを用いた実験から,水溶性ビタミンの尿中排泄量はカラダの水溶性ビタミンの余剰量をきわめて鋭敏に反映していることを明らかにした。この成果を基にして,水溶性ビタミン欠乏の予防と過剰摂取による健康障害の予防のために,目標尿中排泄量を試算した。目標尿中排泄量という生体情報を用いた栄養評価を示しつつ行う栄養指導は説得力があり,食生活行動の変容につながりやすい。
索引語水溶性ビタミン;予防;目標尿中排泄量;カラダ;ヒト尿;ビタミン栄養状態;創成;尿中排泄量;ラット;ヒト
引用文献数39
登録日2013年08月15日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat