肥育豚への飼料用米給与が発育及び肉質に及ぼす影響(2)

肥育豚への飼料用米給与が発育及び肉質に及ぼす影響(2)

レコードナンバー851536論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20038346NACSIS書誌IDAA12476648
著者名堤 明理
島田 芳子
秋友 一郎
岡村 由香
藤井 友子
岡崎 亮
書誌名山口県農林総合技術センター研究報告
別誌名Bull. Yamaguchi Tec Cent Agri Fore
山口農技セ研報
Bulletin of the Yamaguchi Agricultural and Forestry General Technology Center Experiment Station
発行元山口県農林総合技術センター
巻号,ページ4号, p.65-70(2013-03)ISSN21850437
全文表示PDFファイル (498KB) 
抄録飼料用米を用いた豚の肥育試験として、市販配合飼料の重量比30%を飼料用米で代替給与し、発育や肉質に及ぼす影響を検討した。本試験では、給与飼料に飼料用米を混合することで粗蛋白質の割合が低下したが、DGに影響は無く、出荷日齢、枝肉成績にも変化は認められなかった。飼料要求率は、肥育全期間に飼料用米を混合給与した場合影響は認められなかったが、肥育後期に給与した場合やや悪化した。豚肉の脂肪酸組成は、一価の不飽和脂肪酸であるオレイン酸が高くなり、豚肉の風味が改善されることが期待された。また、経済性では、飼料用米を混合することで肥育に要する飼料費が低減され、粗収益が増加した。以上のことから、市販配合飼料に飼料用米を混合給与する場合、肥育全期間、肥育後期いずれも30%の混合給与では発育、枝肉成績にほとんど影響は認められず、オレイン酸が有意に高くなり、粗収益は増加する事が分かった。
索引語飼料用米;影響;発育;肥育全期間;肥育後期;混合給与;肉質;混合;市販配合飼料;枝肉成績
引用文献数8
登録日2013年12月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat