IKONOS画像を用いた島嶼沖縄ヤンバル地域の森林伐採跡地における土地被覆分類法の比較

IKONOS画像を用いた島嶼沖縄ヤンバル地域の森林伐採跡地における土地被覆分類法の比較

レコードナンバー851566論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00019557NACSIS書誌IDAN10531146
著者名Jemali N.J.N.B.
芝 正己
Zawawi A.A.
書誌名森林利用学会誌
別誌名Journal of the Japan Forest Engineering Society
発行元森林利用学会
巻号,ページ28巻・ 1号, p.99-105(2013-01)ISSN13423134
全文表示PDFファイル (3026KB) 
抄録島嶼沖縄本島の北部に位置するヤンバル地域には,我が国唯一の亜熱帯常緑広葉樹林が広がる。森林面積は約340km2におよび極めて多様な動植物相が存在する。一方,1970年代から皆伐による森林伐採が実施されチップ材や型枠用土木資材として利用されている。貴重な森林生態系を健全に維持しつつ,収穫作業を行うためには,森林変化のモニタリングが不可欠である。IKONOSに代表される高解像度衛星画像データは,森林管理やモニタリングへの活用が期待されており,すでに土地利用や植生被覆の詳細な地図化に用いられ資源調査や評価に活用されて来た。本研究は,ヤンバル地域で実施された小面積伐採地における植生被覆状況を,IKONOS画像データを用いて抽出することを試みた。スダジイ,広葉樹混交林,裸地,林道の土地被覆4属性について,ピクセル及びオブジェクト単位の画像解析を行い,分類精度を比較した。その結果,ピクセル単位では83.70%,オブジェクト単位では81.30%の全体精度であり,ピクセル単位の分類法でより高い精度が得られることが明らかとなった。
索引語比較;ヤンバル地域;実施;モニタリング;活用;オブジェクト単位;ピクセル単位;用いて抽出;精度;IKONOS画像
引用文献数22
登録日2013年12月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat