担子菌バイオマス分解系酵素群の機能解析

担子菌バイオマス分解系酵素群の機能解析

レコードナンバー851801論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20039427NACSIS書誌IDAA12509099
著者名野崎 功一
書誌名応用糖質科学
別誌名日本応用糖質科学会誌応用糖質科学
発行元日本応用糖質科学会
巻号,ページ3巻・ 1号, p.61-67(2013-02)ISSN21856427
全文表示PDFファイル (8659KB) 
抄録白色腐朽菌に代表される担子菌は,その生育環境に応じて多様なバイオマス分解系酵素を生産し分泌することが知られている。彼らの独特な分解システムの中には,効率的なバイオマスの分解に向けた多くの学ぶべき知見が存在すると考えている。本論文では白色腐朽菌が生産するセルロース分解系酵素に着目し,以下の内容について解説する。(1)担子菌Irpex lacteusのセルロース分解系酵素の構成を明らかにすることで,各種酵素の種類や機能を明らかにした。また,酵素翻訳後のプロテアーゼ分解がセルラーゼの作用特性に影響し,セルロース分解にさらなる多様性を生み出していることを見出した。(2)セルラーゼのセルロースへの吸着挙動をCBM1-GFPを用いることで明らかにした。これにより,酵素の吸着はセルロースの吸着特性が異なる2つの領域で生じ,それぞれの吸着が加水分解活性の発現に関与する生産的結合および関与しない非生産的な結合であることを明らかにした。また,塩濃度によって酵素吸着量を制御する技術を開発し,バイオマス分解における酵素回収技術への応用の可能性を検討した。
索引語セルラーゼ;セルロース;吸着;生産;白色腐朽菌;セルロース分解系酵素;関与;分解;担子菌Irpexlacteus;GFP
引用文献数44
登録日2014年01月17日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat