ムラサキイガイの鰓構造

ムラサキイガイの鰓構造

レコードナンバー852040論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014178NACSIS書誌IDAN00124678
著者名山元 憲一
半田 岳志
書誌名水産大学校研究報告 = The journal of the Shimonoseki University of Fisheries
別誌名Journal of National Fisheries University
発行元水産大学校
巻号,ページ61巻・ 3号, p.123-142(2013-02)ISSN03709361
全文表示PDFファイル (18658KB) 
抄録ムラサキイガイの出水口,鰓および唇弁の構造を調べた。出水口は複雑な二重構造となっていた。鰓は内葉と外葉を鰓葉間連結棒で連結させたHomorhabdic filibranch構造を示した。隣接する常鰓糸は,コラーゲン繊維で構成された鰓糸連結盤の絨毛で固着されていた。常鰓糸には前繊毛,触毛および側繊毛が確認された。食物溝は,常鰓糸が丸く屈曲した構造で,その基部が鰓糸連結盤で固定されていた。唇弁は,鰓葉と接着せず,その外側に翼状に分かれて伸びていた。
索引語鰓;ムラサキイガイ;毛;連結;出水口;唇弁;内葉;鰓構造;構造;鰓葉
引用文献数26
登録日2014年01月23日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat