ビール大麦(二条大麦)「アスカゴールデン」の育成

ビール大麦(二条大麦)「アスカゴールデン」の育成

レコードナンバー852427論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010304NACSIS書誌IDAN00173902
著者名大関 美香
五月女 敏範
加藤 常夫
渡邉 浩久
粂川 晃伸
長嶺 敬
春山 直人
関和 孝博
山口 昌宏
鈴木 恵美子
大野 かおり
沖山 毅
高山 敏之
渡邊 修孝
谷口 義則
大塚 勝
小田 俊介
常見 譲史
飯田 貴子
鈴木 康夫
薄井 雅夫
書誌名栃木県農業試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Tochigi Prefectural Agricultural Experiment Station
Bulletin of the Tochigi Agricultural Experiment Station
発行元栃木県農業試験場
巻号,ページ71号, p.1-25(2013-03)ISSN03889270
外部リンク
全文表示PDFファイル (7894KB) 
抄録アスカゴールデン(旧系統名:関東二条42号)は,「高醸造適性(溶け適正),多収,早生,オオムギ縞萎縮病抵抗性(BaYMV抵抗性遺伝子rym3+rym5集積)」を育種目標に,2001年に「栃系283/九州二条15号」の組合せから育成した。「アスカゴールデン」の品種特性は,主導品種の「スカイゴールデン」と同様にオオムギ縞萎縮病抵抗性遺伝子rym3とrym5を集積しオオムギ縞萎縮ウイルス系統I~V型に抵抗性で,かつうどんこ病に抵抗性と耐病性に優れ,早生種で,子実重,整粒重は「サチホゴールデン」並みの多収品種である。被害粒の発生程度は,「サチホゴールデン」,「スカイゴールデン」よりも少ない。麦芽エキス,ジアスターゼ力は「スカイゴールデン」,「サチホゴールデン」並みに高く優れている。コールバッハ数は,「スカイゴールデン」,「サチホゴールデン」よりも低く「ミカモゴールデン」と同程度で,適正な麦芽の溶け特性を示す。栽培にあたっては,穂数型品種のため,播種量を減らす必要がある。
索引語スカイゴールデン;抵抗性;育成;並み;適正;早生;早生種;整粒重;ミカモゴールデン;特性
引用文献数24
登録日2014年02月07日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat