ブナの雌花序痕を用いた作柄推定

ブナの雌花序痕を用いた作柄推定

レコードナンバー852633論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20018854NACSIS書誌IDAA12003078
論文副題富山県におけるブナの豊凶とツキノワグマの出没の関係
著者名中島 春樹
書誌名日本森林学会誌
別誌名日林誌
J. Jpn. For. Soc.
発行元日本森林学会
巻号,ページ95巻・ 1号, p.71-75(2013-02)ISSN13498509
全文表示PDFファイル (2685KB) 
抄録富山県の5林分においてブナの枝を採取して雌花序痕と冬芽を調べ,開花結実の年変動を過去に遡って推定した。枝レベルでの開花の年変動パターンは多様であり,樹体の資源収支が関係している可能性が考えられた。林分レベルで推定した結実の作柄はシードトラップ調査や文献調査結果とよく一致した。ブナの作柄が良いほどツキノワグマの有害捕獲数が少なくなる傾向があり,ブナの豊凶は富山県におけるクマの人里への出没の多寡に関係していることが示唆された。ブナの豊作年は有害捕獲数が極端に少なく,クマのブナ堅果に対する選好性の強さが関係していると考えられた。クマが人里へ大量出没したのはブナの凶作年だったが,凶作年に必ずしも大量出没するとは限らず,ミズナラなど他樹種の豊凶も大量出没に関係していると推察された。
索引語ブナ;有害捕獲数;凶作年;富山県;豊凶;関係;クマ;大量出没;雌花序痕;出没
引用文献数28
登録日2014年02月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat