エージング処理をしていないコーヒー焙煎豆の腸管IgA産生増強効果

エージング処理をしていないコーヒー焙煎豆の腸管IgA産生増強効果

レコードナンバー852648論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名鷲家 勇紀
西川 友章
藤野 槌美
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ60巻・ 6号, p.286-294(2013-06)ISSN1341027X
全文表示PDFファイル (2984KB) 
抄録市販のコーヒー焙煎豆は,通常エージング処理が施されている。エージング処理によるコーヒー抽出液中の揮発性成分量の変化を検証した結果,多くの成分に減少が認められた。マウスに,エージング処理時間の異なる焙煎豆の抽出液を投与したところ,エージング処理をしていないコーヒー焙煎豆に最も高い腸管IgA産生増強効果が認められた。関与する成分は2-methylpyrazine,2,5-dimethylpyrazine,2,6-dimethylpyrazineの3成分であり,何れもエージング処理時間の経過と共に減少する成分であった。以上の結果から,エージング処理をしていないコーヒー焙煎豆は,腸管IgA産生増強効果を有することが分かった。またエージング処理は焙煎豆中の有効成分の減少を招き,腸管IgA産生増強効果を弱めることが分かった。
索引語コーヒー焙煎豆;エージング処理;腸管IgA産生増強効果;エージング処理時間;成分;減少;結果;焙煎豆;dimethylpyrazine;3成分
引用文献数20
登録日2014年02月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat