人工容器での培養開始時期がニホンウズラ胚の外部計測値とカルシウム及びマグネシウムの含有量に与える影響

人工容器での培養開始時期がニホンウズラ胚の外部計測値とカルシウム及びマグネシウムの含有量に与える影響

レコードナンバー852745論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005635NACSIS書誌IDAN00164184
著者名福永 一朗
佐々木 剛
安藤 元一
君羅 好史
上原 万里子
橋本 光一郎
小川 博
書誌名東京農業大学農学集報
別誌名Journal of agriculture science, Tokyo University of Agriculture
Journal of agricultural science, Tokyo Nogyo Daigaku
東京農大農学集報
東農大農学集報
農学集報
東京農業大学農學集報
発行元東京農業大学
巻号,ページ58巻・ 1号, p.29-35(2013-06)ISSN03759202
全文表示PDFファイル (3443KB) 
抄録希少鳥類を発生工学的な手法で増殖させる際に,人工容器による鳥類胚の培養は有用なツールになると考えられる。しかし,人工容器を用いて鳥類胚を胚盤葉期から培養し孵化させる方法は確立されていない。そこで本研究では,ニホンウズラを対象として人工容器培養した胚の形態,カルシウム(Ca)及びマグネシウム(Mg)の含有量を調べた。人工容器による培養は,胚盤葉期または通常の孵卵を60時間行った後に開始した。培養液にはニワトリ水様性卵白1.5ml中に乳酸カルシウム35mgまたは乳酸カルシウム25mg+ウズラ卵殻粉末10mgを添加したしたものを使用した。供試胚は,胚盤葉期から60,120,240及び360時間培養したのち,乾重量,全長,第3趾長,眼直径及び嘴峯長を計測した。対照群として操作を加えず通常孵卵した胚を用いた。胚のCaとMg含有量は原子吸光分析法により測定した。胚の外部計測値は,120時間まで全ての培養方法において差は認められなかった。しかしながら,360時間では眼直径を除く全ての項目について,通常孵卵した胚に比べ人工容器で培養した胚で低い値を示した(p<0.05)。また,乾重量,全長及び発生段階の値は,胚盤葉期から人工容器培養を開始した胚,孵卵60時間後から人工容器培養を開始した胚,通常孵卵した胚の順に大きくなり,人工容器での培養時間が長いほど低い値を示した(p<0.05)。眼直径は胚盤葉期から培養した胚が最も低い値を示した(p<0.05)。CaとMgの含有量は120時間まで全ての培養方法において差は認められなかったが,240から360時間にかけて急激な増加を示し,360時間においては人工容器で培養した胚が通常孵卵した胚に対して低い値を示した(p<0.05)。しかしながら,人工容器による培養では,すべての調査項目において乳酸カルシウムと卵殻粉末の添加量の違いによる差は認められなかった。以上の結果から,本実験で用いた穴の開いていない人工容器による培養では,人工容器での培養を開始する時期に関係なく,乳酸カルシウムや卵殻粉末を添加しても胚成長に必要なCaやMgが充分吸収されないことが明らかとなった。
索引語胚;人工容器;培養;値;Ca;孵卵;開始;p&lt;含有量;Mg
引用文献数21
登録日2014年02月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat