直接溶媒抽出とGPCによる放射線照射された食肉,チーズおよびサーモン中の2-アルキルブタノン類の迅速分析法

直接溶媒抽出とGPCによる放射線照射された食肉,チーズおよびサーモン中の2-アルキルブタノン類の迅速分析法

レコードナンバー852832論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名高橋 邦彦
石井 里枝
松本 隆二
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ54巻・ 3号, p.173-177(2013-06)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (2793KB) 
抄録2-アルキルブタノン類(2-ACBs)は含脂質食品の放射線照射により生成することが知られている。今回,直接溶媒抽出による放射線照射食品からの2-ドデシルシクロブタノン(2-DCB)と2-テトラデシルシクロブタノン(2-TCB)の抽出法を開発し,EUの標準分析法(EN1785)であるソックスレー抽出との抽出効率を比較した。放射線照射した試料はヘキサンでソックスレーもしくは直接抽出した。抽出脂質はGPCおよびシリカゲルミニカラムにより精製し,2-DCBと2-TCBをGC-MS/MSで測定した。直接抽出法はソックスレー抽出と同等の抽出効率が得られた。牛肉,豚肉,鶏肉,チーズおよびサーモンの脂質抽出物に50ng/gの濃度となるように2-DCBおよび2-TCBを添加したときの本法の真度は,それぞれ76.6~91.6%および81.3~109.0%であった。2-DCBおよび2-TCBの検出限界はそれぞれ15ng/gおよび20ng/gであった。
索引語TCB;放射線照射;直接溶媒抽出;GPC;チーズ;アルキルブタノン類;ソックスレー抽出;抽出効率;MS;食肉
引用文献数15
登録日2014年02月21日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat