放射能汚染地域の農業・食料消費に関する研究動向

放射能汚染地域の農業・食料消費に関する研究動向

レコードナンバー852978論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015633NACSIS書誌IDAN00200867
著者名門間 敏幸
書誌名農業經濟研究
別誌名農業経済研究
Journal of rural economics
Nōgyō keizai kenkyū
発行元岩波書店
巻号,ページ85巻・ 1号, p.16-27(2013-06)ISSN03873234
全文表示
抄録本論は,東日本大震災に起因して発生した放射能汚染が農業および食料消費に及ぼした影響に関わる農業の社会経済分野の研究成果をレビューし,その到達点と主要な成果,残された課題,さらには今後展開すべき研究の方向の提示を試みたものである。そのため,農業の社会科学系の学会で取り組まれたシンポジウムでの論議,研究論文,雑誌寄稿論文の内容を評価した。その結果,農業の社会経済分野で主として取り組まれているのは,1)放射能の除染・モニタリングシステムの開発,2)農産物・食品の放射能汚染と消費者行動,風評被害に関わる研究であり,学術的にも価値が高い多様な研究成果が得られている。しかし,社会への研究成果の発信の仕方が不十分であり,学会が連携して豊富な研究成果をもっと体系的に整理して社会に発信することの重要性を指摘した。
索引語農業;研究成果;食料消費;研究;社会;放射能汚染;社会経済分野;学会;発信;成果
引用文献数60
登録日2014年02月21日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat