生育予測モデルに基づくニホンナシ開花予測システムの開発

生育予測モデルに基づくニホンナシ開花予測システムの開発

レコードナンバー853083論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20036927NACSIS書誌IDAA12412168
著者名戸谷 智明
川瀬 信三
書誌名千葉県農林総合研究センター研究報告 = Annual research bulletin of the Chiba Prefectural Agriculture and Forestry Research Center
別誌名CAFRC Res. Bull.
千葉農林総研研報
発行元千葉県農林総合研究センター
巻号,ページ5号, p.11-17(2013-03)ISSN18835295
全文表示PDFファイル (1563KB) 
抄録千葉県では地球温暖化によってニホンナシの開花時期が大きく変動した結果,人工受粉や摘果などの作業計画が立てにくくなっている。そこで,気温の変化が大きい年でもニホンナシの開花時期をパソコン上で手軽に予測できるシステムを開発した。1. 杉浦・本條(1997)が開発した生育予測モデルは,「幸水」では千葉市,印西市,市川市,市原市及び木更津市,「豊水」では千葉市,四街道市,鎌ケ谷市,八千代市及び旭市における開花期を高い精度で予測できる。2. 一宮町や館山市では,千葉市に比べ気温が2℃以上高いため自発休眠覚醒日が遅延し,生育予測モデルの精度が劣った。3. ニホンナシ開花予測システムは,パソコンの表計算ソフトExcel2007を利用して,インターネット接続下で予測に必要なアメダスの気温データを自動取得し,生育予測モデルに基づき,簡単な操作で即時的に正確な開花始,満開日,開花終,自発休眠覚醒日を予測できる。4. ニホンナシ開花予測システムは,2012年2月から千葉県農林水産部担い手支援課より無償で配布されている。
索引語生育予測モデル;予測;ニホンナシ開花予測システム;開発;ニホンナシ;千葉市;気温;精度;年;幸水
引用文献数12
登録日2014年02月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat