Salmonella enterica血清型O4:i:-による豚サルモネラ症と分離株の分子疫学的解析

Salmonella enterica血清型O4:i:-による豚サルモネラ症と分離株の分子疫学的解析

レコードナンバー853292論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015086NACSIS書誌IDAN10345582
著者名藤井 誠一
増子 朋美
一條 満
書誌名日本豚病研究会報 = Proceedings of the Japanese Pig Veterinary Society
別誌名日本豚病研究会報
発行元日本豚病研究会
巻号,ページ62号, p.27-32(2013-08)ISSN09143017
全文表示PDFファイル (1546KB) 
抄録Salmonella enterica血清型O4:i:-(O4:i:-)は、届出伝染病の対象であるS. enterica血清型Typhimurium(S. Typhimurium)のH抗原第2相が欠失した単相変異株であると報告されている。2012年、削痩を伴う腸炎を呈した管内の肥育豚からO4:i:-が分離され、サルモネラ症の特徴的な病理組織学的所見が肝臓及び腸管において認められた。また、分子疫学的解析の結果、分離したO4:i:-は過去に管内で分離した豚由来のS. Typhimuriumと高い相同性を示した。これらのことから、O4:i:-は届出伝染病の対象ではないものの、軽視することなく、警戒を強めるべきサルモネラであると考えられた。
索引語分離;分子疫学的解析;Salmonella;対象;管内;届出伝染病;H抗原第2相;欠失;単相変異株;削痩
引用文献数16
登録日2014年02月28日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat