第2次神奈川県ニホンジカ保護管理計画におけるニホンジカ捕獲数の動向

第2次神奈川県ニホンジカ保護管理計画におけるニホンジカ捕獲数の動向

レコードナンバー853422論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20019321NACSIS書誌IDAA11981838
著者名藤森 博英
末次 加代子
池谷 智志
小林 俊元
馬場 重尚
永田 幸志
羽太 博樹
木佐貫 健二
書誌名神奈川県自然環境保全センター報告 = Bulletin of the Kanagawa Prefecture Natural Environment Conservation Center
発行元神奈川県自然環境保全センター
巻号,ページ11号, p.9-14(2013-03)ISSN13492500
全文表示PDFファイル (1190KB) 
抄録第2次神奈川県ニホンジカ保護管理計画では、第1次神奈川県保護管理計画の実績を踏まえて、自然植生回復地域等においては、自然植生回復をめざして捕獲地を拡大し、捕獲目標数を引き上げた。また、市町村が実施する捕獲、狩猟など県全体の捕獲計画頭数を引き上げ、メスジカ猟を強化した。その結果、第1次保護管理計画期では、捕獲頭数は、県全体で年間概ね700頭から900頭であったが、第2次保護管理計画期では、年間概ね1,500頭から1,700頭程度となった。また、第2次保護管理計画期ではメスジカの捕獲実績が大幅に増え捕獲全体の約6割を占めるようになった。一方、狩猟を含めた捕獲のうち、管理捕獲(植生回復)は、2010度以降捕獲計画頭数に対して、捕獲実績が低下するようになった。
索引語捕獲;第2次神奈川県ニホンジカ保護管理計画;ニホンジカ捕獲数;狩猟;県全体;捕獲計画頭数;捕獲実績;メスジカ;植生回復;動向
引用文献数8
登録日2014年03月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat