主要畑作物のリン酸吸収特性の比較

主要畑作物のリン酸吸収特性の比較

レコードナンバー853636論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014131NACSIS書誌IDAN00348744
著者名東田 修司
小山 初枝
書誌名北農
発行元北海道農事試驗場北農會
巻号,ページ80巻・ 3号, p.22-30(2013-07)ISSN00183490
全文表示PDFファイル (3000KB) 
抄録供試した畑作物の生育量はヨウリンに比べて過リン酸石灰で大きかった。過リン酸石灰およびヨウリン区の生育量の比から,テンサイ,ジャガイモ,キガラシはリン酸吸収力の高いグループ,ダイズ,アズキは低いグループ,コムギは両者の中間に区分された。圃場におけるリン酸標準施肥区に対する無リン区のリン酸含有率,収量の比も同様の傾向だった。有効態リン酸水準の異なるホット条件において,テンサイの汁液は土壌診断基準値を下回るレベルでも充分量のリン酸を含有したが,ダイズは土壌診断基準値内でも作物栄養診断基準のリン酸含有率に至らなかった。以上から,畑作物間にはリン酸吸収力に大きな違いがあることが確認された。
索引語生育量;過リン酸石灰;比;テンサイ;リン酸吸収力;グループ;ダイズ;リン酸含有率;リン酸;供試
引用文献数8
登録日2014年03月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat