中国における食品安全行政の新局面及びその課題

中国における食品安全行政の新局面及びその課題

レコードナンバー870020論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20002773NACSIS書誌IDAA11577672
論文副題国務院機構改革と日本の経験
著者名李 東坡
南石 晃明
書誌名九州大学大学院農学研究院学芸雑誌
別誌名Science bulletin of the Faculty of Agriculture, Kyushu University
発行元九州大学大学院農学研究院
巻号,ページ68巻・ 2号, p.35-47(2013-09)ISSN13470159
全文表示PDFファイル (1944KB) 
抄録中国では,不祥事の頻発や不満足な政府の処置などにより,食品の安全に対して,国民は多くの懸念を抱いている。2013年3月14日,第12期全人代の第1回会議において,「国務院の機構改革・機能転換計画」が議決され,国民は食品の安全確保を含め,政府サービスを向上させることを期待している。これをきっかけに,本稿は中国の食品安全行政の新局面及びその課題を分析し,日本との比較研究を通じて,さらなる改革に関する政策提言を行うことを目指している。まず,「大部制」改革の推進,脅かされる食品の安全・安心,食品安全法と食品安全委員会の成立など,この計画の確立背景を分析した。さらに,改革採択の前後に主要な担当省庁の比較を通じて,食品安全確保の向上をめぐり,この機構改革・機能転換計画の主な内容をまとめた。同計画の実行とともに,より少ない省庁に集中された機能,より明確なリスク評価と管理の機能区別により,食品の安全確保はさらに向上されることが期待されている。しかし,リスクアナリシスの理論によれば,不充分なリスクコミュニケーション,一部の省庁間における機能の重複など,国際経験を参照しながら解決すべき欠点が挙げられる。したがって,本稿は充実した法律やバランスされた関係省庁の機能を持つ日本の経験を見直し,両国の食品安全行政システムを比較した。最後に,中国の食品安全行政体制の向上に資するため,消費者の参加,法律や制度の整備を改善する観点から,政策提言を行った。
索引語中国;食品;向上;日本;機能;食品安全行政;安全;新局面;課題;改革
引用文献数10
登録日2014年06月11日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat