牛胆嚢内胆汁のカンピロバクター汚染状況と分離菌株の性状

牛胆嚢内胆汁のカンピロバクター汚染状況と分離菌株の性状

レコードナンバー870025論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名小野 一晃
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ66巻・ 10号, p.713-717(2013-10)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (287KB) 
抄録牛胆汁を検査したところ,105検体中57検体(54.3%)からC. jejuniが検出された。牛胆汁中のカンピロバクター菌数(cfu/ml)は,42.9%の検体が10 3cfu/ml以上であり,市販鶏肉の汚染菌数の1,000~10,000倍高い値であった。分離株の30%(12/40)は血清型別不能であったが,35%(14/40)がPenner D群,12.5%(5/40)がPenner B群であった。また,牛胆汁由来株は,PCR法により,供試した40株すべてがflaA,cdtA,cdtB,cdtC,cmeA,cmeB及び、cmeCの7種類の病原遺伝子を保有していることが明らかとなった。さらに,パルスフィールド・ゲル電気泳動法では,牛胆汁由来株は食中毒患者由来株と高い類似性を示し,4種類の制限酵素を用いた場合でも,患者由来株と同一のDNA切断パターンを示した株も認められた。このことから,牛胆汁は食中毒の原因となりうるC. jejuniの重要な汚染源となる可能性が示された。
索引語牛胆汁;牛胆汁由来株;カンピロバクター菌数;cfu/ml;検体;汚染菌数;供試;cmeC;患者由来株;株
引用文献数20
登録日2014年06月11日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat