宮崎県基幹種雄牛「福之国」における産肉形質のDNA解析

宮崎県基幹種雄牛「福之国」における産肉形質のDNA解析

レコードナンバー870116論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00021489NACSIS書誌IDAA11392134
著者名築城 努
渡邊 敏夫
西村 翔太
石橋 大輔
書誌名宮崎県畜産試験場試験研究報告 = Bulletin of the Miyazaki Livestock Experiment Station
別誌名Bull. Miyazaki Livestock Exp. Sta
宮崎畜試研報
発行元宮崎県畜産試験場
巻号,ページ25号, p.1-3(2013-07)ISSN09187278
全文表示PDFファイル (184KB) 
抄録宮崎県の基幹種雄牛である「福之国」の産肉形質に関連する有用な遺伝領域の検出を目的として、本牛およびその産子である父方半きょうだい家系の去勢肥育牛287頭を対象に、SNPチップを用いて、QTL解析を実施した。その結果、第15番染色体の46cM付近にBMS No.表型値に1.17の効果を示す染色体領域が実験ワイズ0.1%有意水準以上で検出されたほか、合わせて21箇所において枝肉形質に関連する有意な領域が検出された。さらに2次スクリーニングとして、父方半きょうだい家系去勢肥育牛365頭を解析対象とし、マイクロサテライトマーカーを用いてBMS No.に関連する遺伝領域の絞り込みを行ったところ、第15番染色体の50cM付近にBMS No.表型値に1.18の効果を示す染色体領域が実験ワイズ0.1%有意水準以上で検出された。
索引語検出;BMS No.表型値;関連;福之国;産肉形質;遺伝領域;第15番染色体;効果;染色体領域;父方半きょうだい家系
引用文献数5
登録日2014年06月11日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat