分娩前乳房炎検査を活用した乳房炎低減対策

分娩前乳房炎検査を活用した乳房炎低減対策

レコードナンバー870125論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00021489NACSIS書誌IDAA11392134
著者名西村 慶子
中園 締二
恒吉 吉和
鶴田 清秀
中原 高士
書誌名宮崎県畜産試験場試験研究報告 = Bulletin of the Miyazaki Livestock Experiment Station
別誌名Bull. Miyazaki Livestock Exp. Sta
宮崎畜試研報
発行元宮崎県畜産試験場
巻号,ページ25号, p.34-37(2013-07)ISSN09187278
全文表示PDFファイル (1496KB) 
抄録分娩予定日10日前の乳汁を採取し,乳汁性状とCMT変法による乳房炎陽性反応との関係および分娩前の治療効果を調べた。分娩前の乳汁性状は,粘度の高いスコア4から粘性がなく初乳様,牛乳様および水様を示すスコア3,2および1の4種類に分類された。乳汁性状と乳房炎陽性反応との関係は,スコア4,3,2および1の順に高くなった。なお,分娩前の乳汁採取により分娩後の乳房炎感染率が上昇することは認められなかった。また,分娩前の乳房炎治療は,分娩時の乳房炎発症を抑制するが,その治療効果は,治療後3日以降に分娩した場合に明確であった。さらに,分娩前治療は,無処置の場合と比べて分娩時の乳房炎陽性率が低くなり,生乳出荷までの日数および廃棄乳量の減少が認められた。以上のことから,分娩前乳房炎検査は,乳房炎陽性分房の早期発見および早期治療が可能となり,乳房炎予防対策の1つの方法として利用できることが示された。
索引語分娩前;乳汁性状;分娩前乳房炎検査;分娩;乳房炎陽性反応;関係;治療効果;初乳様;水様;分娩後
引用文献数8
登録日2014年06月11日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat